夢解釈13、「クーデター」

「劣った男性性が追い出され、新しい要素が生じること」が
示唆されている夢

お問合せよくあるご質問サイトマップ
HOMEお客様の夢 > 夢診断13
はじめにご依頼お客さまの夢夢と心理学夢と昔話の分析夢とタイプお勧めの本無料夢診断お客さまの夢
 

スズキ様
23歳 女性 一人暮らし 学生
タイトル/「クーデタ」


始めまして。あまりにも印象的な夢だったので申し込みました。
長文で申し訳ありません。

変わった若い男の先生が中学校に赴任した。
毎朝4、5時頃に学校に来て、学校の備品を隅から隅へと確認。何でも、いざ何かがあった時に備品の使い方が分からないと生徒を守れなない、という理由。
授業もかなりハイテンションでぶっ飛んでいる。生徒が良い発言をすると、大喜びで外に出て車を走らせ、自分が赴任していない他の中学校にまで行って生徒たちに発言を要求し、また大喜びで戻ってくる。
当然他の先生たちはよく思っていない。
ある朝、中年の男の先生が説教しようとその若い先生を待っていると、やってきた先生は様子がおかしく、険しい表情。そして、迷いを告白する。
「生徒の為にも、僕はこうすることしかできない。非常識だとしても、こうするしかない」
そして、若い先生は外に出て行った。

急に舞台が変わる。
学校は一軒の家になり(私が中学〜20歳まで住んでいた家に似ている)、女性2人とおじさん1人が、自殺しようとしている。私も家の中にいる。
ガスの元栓をあけて充満させる中、3人は平然と食事の準備を始める。大盛りのご飯に漬物やおかず。
おばさんが発酵したキムチの壷のフタを開けようとしたとき、私は咄嗟に「フタが開いたら爆発する」と思い、3人に見つからないようにそっと窓から逃げる。
雑草に覆われた庭を走っていくと、さっき外に出た先生が私の手をとって一緒に逃げてくれる。大きなフェンスを越えて土手を滑り落ちていくと、後ろから3人が猛スピードで追いかけてくるのが分かった。
私たちは、おどろおどろしい濁った川(水が滞り、蛇が沢山いそうな本当に気持ち悪い、沼のような川)を前に少し躊躇したが、思い切って飛び込んで渡りきり、同じような土手と川を再び越えて「ゴール」まで逃げ切った。周囲は明るく穏やかな風景。

また舞台が変わる。
追っ手3人は父母に代わり、先生は従姉妹に代わり、一緒に車でコンビニへ向かう。
コンビニには懐かしいお菓子が沢山あり、従姉妹と一緒に喜んで店内を周る。母は1万5千円ほど商品を買っていて、驚いた。母は私の為に薬を買っているようにも見えた。
父は従姉妹に「1万円」と書いた紙を渡してからかい、お金をもらったと勘違いした従姉妹は気づくと怒り始め、私は困惑する。
気まずい空気の中外に出ると、大きなデパートの駐車場になっていた。車に向かっていると、デパートの裏でアイドルとその恋人がキスをしていた。
従姉妹と二人でからかうと、アイドルは慌ててごまかした。

ここで舞台と登場人物の設定がまた変わる。
デパートは駅の切符売り場になり、私は友人数名と切符を買おうとしているが、買い方が分からない。
すると、少し口うるさいおじさんが、買い方を説明してくれる。券売機の画面は日本地図が広がり、地域を操作で限定していって、最終的に目的地の切符を買うことができる。
ようやく目的地を発見し切符を買うと、私はいきなり何かの乗り物(電車ではないが、バスか車かは分からない)に乗っていた。外はどしゃ降りの雨で、何だか胸騒ぎがするような空気。誰かが私に「こんなに騒がしい空気は、あれのせいだよ」と言った。
その時目に飛び込んできたのは、高層ビルのような某政治家の屋敷に向かって、民衆が押し寄せ、石を投げつけてガラスを粉々に割っている光景だった。クーデターである。
私は、ここは本当に日本なのか、と混乱する。
いつの間にか私は屋敷の前に立ち、中から出てきた政治家がそっと非難していく様子を眺めていた。色々な思いが胸を駆け巡る。
(あの人は今までエリートコースまっしぐらで、勝ち組の人生を送ってきたのに、今はこんな地獄の中にいる。今までの幸せとか、安らいだ気持ちとか、そんなものは遠い過去でしかなくて、この現実だけがあるんだ)
すごく切なく、悲しくなった。私の今までの平和な世界も、もう遠い過去なのだと思った。今は戦場にいるのだと。
絶望が襲ってきて、死にたいと思った。平和だった世界をどこかで懐かしみながら、ボーっとしていた。


鈴木めいや

はじめまして。ご依頼を頂きましてありがとうございます。鈴木めいやです。
お会計の確認が出来ましたので、送って頂いた「クーデター」の夢の解釈をさせて頂こうと思いますが、その前に、いくつかの質問をさせて頂ければ解釈しやすく思いますので、もし宜しければお答え頂ければ幸いです。
夢の中の、変わった若い男の先生は、実在する方でしょうか?

スズキ様

実在しない人物です。

鈴木めいや

現実の中学を思い浮かべたときに、どのようなことを連想なさるでしょうか?(具体的な思い出でも、漠然としたイメージでも結構です)

スズキ様

中学時代はあまり良い思い出がありません。
中学校を思い浮かべると切ないような苦しい気持ちになります。

鈴木めいや

夢の中の従姉妹(いとこ)は、実在する方でしょうか? 実在する場合、彼女とはどのくらい仲がいいでしょうか?普段よく会ったり連絡取ったりするでしょうか?

スズキ様

従姉妹は同い年の実在する人物です。
子供の頃は仲が良く、会うと楽しく遊んでいました。
しかし、高校生以降は何となく疎遠になり、もう何年も会っていませんし、連絡も取っていません。せいぜい年賀状のやりとりをする程度です。

鈴木めいや

無理に思い出そうとする必要はありませんが、夢の中で車に乗っているとき、運転していたのは誰であったか覚えているでしょうか?自分は、車のどこに乗っていましたか?
また、現実に、自動車の免許はお持ちでしょうか?お持ちの場合、自分の自動車はよく運転するほうでしょうか?

スズキ様

運転士は覚えていません。
いつの間にか乗り物の真ん中の列の右端に座って外の様子を見ていました。
(「真ん中の列」ということは、ワゴン車やバスなどの、大型の乗り物だと思います)自動車免許は持っていません。
−訂正− 場面を切符売り場以降と混同してしましました。コンビニへ向かう際に車を運転していたのは父親です。私はおそらく後方の右側に座っていたと思います。

鈴木めいや

無理に思い出そうとする必要はありませんが、夢の中で切符を買う場面で、その目的地を覚えているでしょうか?

スズキ様

目的地は、今現在、私が一人暮らしをしている東京の家でした。

鈴木めいや

これが一番重要なのですが、現実の政治家を思い浮かべたときに、どのようなことを連想なさるでしょうか?

スズキ様

夢の中に出てきた政治家は実在する政治家でした。
それなりに有名な方で、政治家の家庭に生まれたエリートです。しかし、私のその方に対するイメージは(申し訳ないのですが)
「小物」です。血筋は良くても実力はどうなの?という疑いの目でみてしまいます。
メディア受けしようとしているようにも見えて、私個人としては信頼できません。
ただ、この方の家は私が現在通っている大学に深く関わりのある方なので、そんなことを思ってしまうのはちょっと申し訳ないのですが・・・。
それでは、よろしくお願い致します。

鈴木めいや

回答、ありがとうございました。
今回、送って頂いた「クーデター」の夢は、非常にエモーショナルであり悪夢ともいえる激しい感情体験があったことと存じます。
まず、この夢の結末の場面ですが、ここでは、

高層ビルのような某政治家の屋敷に向かって、民衆が押し寄せ、石を投げつけてガラスを粉々に割っている光景だった。クーデターである。
私は、ここは本当に日本なのか、と混乱する。
いつの間にか私は屋敷の前に立ち、中から出てきた政治家がそっと非難していく様子を眺めていた。色々な思いが胸を駆け巡る。
(あの人は今までエリートコースまっしぐらで、勝ち組の人生を送ってきたのに、今はこんな地獄の中にいる。今までの幸せとか、安らいだ気持ちとか、そんなものは遠い過去でしかなくて、この現実だけがあるんだ)すごく切なく、悲しくなった。私の今までの平和な世界も、もう遠い過去なのだと思った。今は戦場にいるのだと。絶望が襲ってきて、死にたいと思った。平和だった世界をどこかで懐かしみながら、ボーっとしていた。」

とあります。
この場面は、この夢の総合的な結論のような意味合いがあり、大切な場面です。
そして、いまの段階では2通りの解釈ができるかと思います。
わたしはこの夢を始めて拝見させて頂いたときは、ここに登場する某政治家の屋敷は、おそらく、ご本人が持っている“社会的な保護”のような感覚を象徴していて、この夢は、一言で解釈すると、「社会的に守られていたという感覚が、最近、崩壊した」
という心境をあらわしたものではないかと思いました。
(間違えていたら申し訳ありませんが)私の推論では、あなたにとって23歳という年齢は、社会的な物事が少しづつ見え始めてきた年頃であり、そのことにより、いままでは男性的で社会的な側面に守られていたという感覚を持っていたけど、決してそんなことはないと気付き始め、一人暮らしという状況も手伝い、「自分は自分の力で生きていかなければならず、何かあっても、世の中が助けてくれるわけではないんだ」というような心の描写が、このような夢として表現されたのではないかと思いました。
ですが、「現実の政治家を思い浮かべたときに、どのようなことを連想なさるでしょうか?」
と聞いたところ、

「夢の中に出てきた政治家は実在する政治家でした。
それなりに有名な方で、政治家の家庭に生まれたエリートです。
しかし、私のその方に対するイメージは(申し訳ないのですが) 「小物」です。
血筋は良くても実力はどうなの?という疑いの目で〜

続きを見る⇒ 2ページ目3ページ目