参考

1132. 街中で500円玉を拾う

こすもす
鹿児島県/女性/48歳/初めてです。

ふと気がつくとお金を全く持ってません。
全くの文無しになっていて、食べることも出来ない有様で途方にくれて街中を徘徊しています。

街は10代の頃に住んでいたローカルな国道沿いで、辺りをよく見てみると、お店(特に銀行や貴金属販売)の前に500円玉や100円玉が沢山置いてあり、500円玉多目にこっそり拾いました。その硬貨は自分のような困っている人のためにわざと置いてある硬貨だったことを通行人に聞いて、さらにいくつか拾って、バスに乗りました。

途中からバスが車になっていて、それで山の中に行き途中分岐点から高速道路に乗って給食工場のようなところに着きました。

パンを色んなスープに浸して出していて、美味しそうで食べたいな〜って言いましたが、そこの職員の方に『拾ったお金をそういう使い方してはいけない』と注意されてひもじい気持ちで目が覚めました。

給食工場以外、出て来た場所は今でもよく通り馴染みのあるところばかりです。

登場人物は全員知らない人ばかり、というかうっすらと出て来た気がするけれど姿を思い浮かべることができない感じです。

障害のある子どもを育てていて、自分のやりたいことを諦めて世話に集中してきたのですが、最近子どもの調子が良かったのでやりたいことの勉強を再開できないか打診したところ、「まだ無理」と言われて、再度諦めて少し落ち込んでいたところ見た夢でした。

身の回りに興味のあることを生き生きとしてるお母さんたちがいて、余計に落ち込んでいる気もします。

解釈というかイメージ的に、全体的にエネルギー不足なのかな?と感じています。

よろしくお願いいたします。
.. 2018年06月25日 (月) 01時20分

☆ 夢解釈No.1132 ☆

こすもす様「街中で500円玉を拾う」

>解釈というかイメージ的に、全体的にエネルギー不足なのかな?と感じています。

これは私もまったくその通りかと思います。
夢のなかのお金は、さまざまな心の状態や働きを表現することができるのですが、この夢の文脈から、やはりそれは「やる気」や「意思」などの心のエネルギーや、愛情などを意味しているように思われます。
つまりこの夢のはじめの場面は、
「気力を失い、愛情面も枯渇してしまい途方にくれてどうしたら良いのか分からない」
といった心境が徘徊として表現されているように伺えます。

そしてそこは「知っている道」なので「すべきこと」とは、具体的で意識野に近いなにかということであり、そこには、その時の問題を解決可能な硬貨が置いてあります。

基本的に、道端のものを拾うという行為は、まだ社会的に未熟な子どもや、あるいは社会に適応できずに経済的に問題のある人物がすることであって、少なくても、経済面や愛情面が満たされている人がすることではありません。

今回の夢では、何らかの問題を硬貨を拾うことによって何とか解決の糸口を見つけることに成功します。
するとバスという公共の社会的な乗り物に乗ります。

夢の中のこのバスは、社会的な、あるいは団体としての共同体感覚をあらわしていると思われるのですが、そんな漠然とした感覚から、自動車になっています。
このことは、それまでは漠然としていた何かがより個人的で具体的な将来の目標へと変わってきたことを意味しているのでしょう。
そしてその先にある「給食工場のようなところ」という心像は、栄養やエネルギーを自分の体(心)に取り入れることによって内面の再構成や、あるいはメンテナンスをするための場所、という意味合いがありそうです。

ですが、せっかく手に入れた気力や愛情(硬貨)に対して「そういう使い方してはいけない」と言われてしまいます。 つまり、この夢の一連の描写は、

>やりたいことの勉強を再開できないか打診したところ、「まだ無理」と言われて、再度諦めて少し落ち込んでいたところ見た夢でした。

このような私生活においての心境とよく重なり合っているように思えます。
いかが思いますでしょうか。

あなたはもしかすると、夢のなかで、自分の気持ちを整理していたのかも知れませんね。
宜しくお願い致します。
.. 2018年06月25日 (月) 13時43分

【返信レス】

解釈に驚いています。

何となくぼんやりと感じていた事が、より具体的で解りやすくて、本当に現実と重なっていて驚いています。

拾う→経済的に問題って・・・というところで腑に落ちる感じがしました。子供につきっきりで世話してるので、仕事をしたくてもできずに社会との関わりも薄くて子供のような状況でした。

改めて自分の夢と解釈を読み返すと、泣けてきました。
気持ちを消化して来たような気がします。

解釈、本当にありがとうございました。
m(_ _)m
.. 2018年06月25日 (月) 14時31分