夢解釈31、「実家に奥様から電話」

「私生活での今後の進展のために、心の基盤を組み立てなおそうとの試み」
が生じたことをあらわした夢

お問合せよくあるご質問サイトマップ
HOMEお客様の夢 > 夢診断31
はじめにご依頼お客さまの夢夢と心理学夢と昔話の分析夢とタイプお勧めの本無料夢診断お客さまの夢
 

2012/11/27 〜 2012/12/17


えり 様
既婚 欧州在住
タイトル/「実家に奥様から電話」

先日、無料診断をお願いしました、えりです。
ありがとうございました。
この夢を、さらに診断頂きたくお願いします。
以前診断して頂いた夢も、無意識からのメッセージ性がありそうで、今回も、無意識からのメッセージのようだと診断して頂いたので、今回のこの夢がとても気になります。

【 夢の内容 】
私は現実に、恥ずかしながら独身の時、妻子ある人と、
半年程不倫をしていました。
夢ですが、私は、親戚が集まっている実家に帰省していて、なぜかそこに、親戚と一緒に、その不倫彼がいました。私も普通に対応していました。
そこに電話がかかってきて、何と彼の奥様からでした。
奥様の声は、暗い、おどおどした声でした。
何か質問されましたが覚えていません。
私は、心底申し訳ないと思い、謝りました。
奥様は、沈黙でした。私は、家族にこの電話と不倫がばれまいか、不安でたまりません。
電話線を延ばせるだけ延ばし、こそこそと、奥様の沈黙に耐えていました。私が、
「もう2度と会いません。実際もう何年も会っていないのです。」
と、言いながら、彼が今、家にいる事にビクビクしました。
奥様は明るい声で、
「それは良かった。」
と言いましたが、また沈黙です。
私は、早く電話を切りたくてたまらないのですが、奥様に失礼な事をしたら、不倫が家族にばれる!と、ハラハラでした。そこに、不審がる妹が来ました。
沈黙中に、私は事の顛末を話しました。妹は、
「しょうがない事なのにね。」
と、意外に同情的でした。
当の不倫相手も来たので、私は近くの新聞に、「おく」と急いで書き、見せました。彼は、狼狽しました。
私は、奥様の沈黙を破りたく、
「私に何かご質問はありますか?」
と言いました。奥様は、
「あら、そうですね、息子がプールに行っている時に、主人に来るように頼んでも来てくれなくって、、」
と、延々お話していましたが、突然、「○○!」と、息子さんを怒鳴りました。
そして再び、「ごめんなさい、」と、お話を続けました。
私は不倫相手に電話を渡そうと思いましたが、目が覚めました。


えり様

奥様の暗いお声と、自分勝手な不安が、未だ残っています。
現実に、不倫彼に私が別れを電話で告げ、それ以来、一切の連絡も取っていません。
その後、主人と出会い結婚しました。
どうぞよろしくお願いします。

[ご本人の解釈(なければ結構です)]
外国で主人と二人だけの子もいない、気楽な生活です。
主人は優しいので、どんどん甘え、非常に怠惰な専業主婦です。
また、年老いた父母、嫁に出た妹を残して、外国で気ままに生きる自分に心苦しくあります。
そんな、周囲に甘えて、怠惰な生活を送る自分への警告かなあとか、考えました。
しかし、この夢が、無意識からのメッセージだとすると、無意識とは何なのか全く分かりませんが、自分が意識していない事なのでしょうから、上記とは全く関係ない、自分には検討つかないメッセージ、とも思います。

鈴木めいや

ご依頼を頂きまして、ありがとうございます。鈴木めいやです。

早速ですが、お会計の確認が済みましたので、送って頂いた「奥様から実家に電話」の夢解釈をはじめたいと思います。

また、既に問診チェックを送って頂きましたので、結果を図にしてメールに添付いたします。
ユングのタイプ論の観点からみると、(この問診チェックが正しいと仮定すると)りえ様の主機能は感覚となり、感覚的な意識の働きを優位に働かせて生活を送っているタイプの方ということになりますが、全体的に大きな偏りが無く、とてもバランスが良いという印象がありますね。
ですが少し直感的な働きが少ないようですので、この問診チェックでは劣等機能は直感ということになり、これが無意識の働きと大きく関わっている可能性を考えることができます。

前回の掲示板では、「イラクのような町で銃撃戦」が行なわれており、その夢の中で、ご本人も銃撃されたかも知れないとのことでした。
そして今回の夢では、実家で実在している人物が登場し、前回よりも現実に近い心像が多く登場します。
つまりこのことは、無意識下で行われている連想の網目(思考)は、以前よりもだいぶ具体性を帯びてきた、ということを意味するのかも知れません。

この2つの夢は、その中でご本人(主体性)がひどく脅かされている、という意味でどちらも悪夢と言えそうです。
では、そのときの無意識はなぜ、普段は安定しているはずの意識の主体性を脅かそうとするのでしょうか?

例えば、ユング心理学を日本に紹介した河合隼雄先生は、ある幼稚園児が書いたカタツムリの絵を解説しています。
その6歳の少女が書いた絵は、はじめの一枚目は、殻を持ったカタツムリが家の中に描かれたのですが、次の2枚目では、家の中という安定した状態を捨てて、殻を持たないカタツムリが家の外に出ている絵を描きます。
その頃、その少女は、周囲の子どもから、「最近あいつは生意気になった」と言われ、イジメられてしまうようになったといいます。
殻を持たないで、安定した家の外に出るということは、もちろん、カタツムリの弱々しい身体が大きく傷つく危険性を伴います。
ですが、たとえ周囲の友達からイジメを受けて弱々しいその主体性を脅かされても、わたし達の無意識には、「より高い段階へ向かいなさい」とでも言われているかのように、無意識は次の高い段階を進むよう要請してくることがあるようです。
それは、悪夢のように苦しい情動性を伴う場合がほとんどですが、心の成長のためには必要な一つの段階とも言えます。

また、思春期は心が不安定となりやすい傾向があることは、一般的に広く知られていますが、このサイトでも死に関する夢や、悪夢は多くの投稿があり、それらは基本的に、ここで示したカタツムリのように、安定した意識の状態を打ち破ってでも、次の段階へと押し上がろうとする本能的な無意識の要請というテーマがある、と言えそうです。

今回送って頂いた、「奥様から実家に電話」の夢も、広い意味ではそのようなテーマがあるのではないかと私は考えております。

そしてこの夢は、実家(基本的には安定している何らかの意識の側面)に、過去に実在した不倫相手の男性が登場し、家族にばれてしまうことを恐れ、そのときの主体性が脅かされてます。
これは、家族に知られて、家事と不仲となり、関係がバラバラになってしまうことを恐れているということだと思われますが、夢の中の家族は、実在の家族を意味しているのではなく、それはご本人の普段は安定している自我意識の統合性をあらわしているものと思われます。
つまり、意識が新しい次の段階を進むために、脅かされているような状況にある、と考えることができます。

この夢の解釈の大筋は、無料掲示板でさせて頂いた通りですが、もう少し詳しく解釈するために、いくつか質問させて頂いてもよろしいでしょうか?

質問1)
過去のその不倫相手の男性の連想を広げたいのですが、(もちろん答えられる範囲内で結構ですが)その男性の具体的な思い出などはおありでしょうか?また、彼をまったく知らない人に、その容姿や性格を説明するとしたら、どのようにお答えしますでしょうか?

えり様

早速のご回答、ありがとうございます。
問診チェックの結果は、今まで考えた事もない事でしたが、確かに私は、感覚を重んじ、その感覚はなぜ起こるか、を日々考えがちです。
もう、正に、悪夢でしたので、お蔭様で少しほっとしています。
ご遠慮なく、ご質問頂ければ幸いです。

一番の思い出は、この、彼の仕事上の成功を手伝った点です。今思うと、半年もない不倫でしたが、結構、思い出あるもんだなと思います。でも、一番の思い出はこれだと思います。

彼は、40才(当時)中肉中背で、中年太りが始まった感じです。
身だしなみも良く、石鹸の香りすらする清潔感がありました。 性格は、良いところは単純で男らしい事。頼りになる。褒めるとどこまでも昇る。やれと言われた仕事は絶対に成功さす。
悪いところは、興味ない事や苦手な事への適当さ。面倒な事を避ける事。自分本位なところ。大事な事よりも趣味を優先させ、後でそれを後悔し、ギリギリになって大事な事をする。そんな人でした。

鈴木めいや

質問2)
奥様を思い浮かべたときに、どのような性格を思い浮かべますでしょうか?

えり様

その男性から、奥様の話は聞いた事なく、彼を見て感じた、全て私の想像の性格ですが、 子供と家の事を一人でしっかりする。几帳面。でも、金銭的にはルーズ。欲深い。見栄張り。亭主元気で留守が良い。
こう書くと悪い印象のようですが、私は、家と子供の事を一人で全てする、ご主人を信頼している、尊敬できる良い奥様、という印象なのです。

鈴木めいや

質問3)
妹を思い浮かべたときに、どのような性格を思い浮かべますでしょうか?

えり様

堅実、真面目。努力家。安定。しかし、頼りにならない。面倒な事が嫌い。でも、かなり自立している。
馬鹿でかわいい妹、と思います。

続きを見る⇒ 1ページ目│2ページ目3ページ目4ページ目