安眠のコツ


お問合せよくあるご質問サイトマップ
HOME夢と心理学 > 安眠のコツ
はじめにご依頼お客さまの夢夢と心理学夢と昔話夢とタイプお勧めの本無料夢診断お客さまの声
夢と心理学

■ 安眠のコツ

ここでは、目覚めの良い朝を迎えるために、食べ物による快眠方法を紹介しています。
眠れない夜のために、睡眠導入薬や酔い止め薬も良いかもしれませんが、まずはここでの食べ物を試されることをお勧め致します。

■ タマネギで快眠
タマネギに含まれている成分には、血行を促進して神経を安定させる効能があります。
そこで、生のタマネギをみじん切りにして、それを枕元に置くだけで、安眠効果があります。

■ セロリ湯で快眠
セロリを、目の粗いおろし金ですりおろし、ハチミツを少しとウィスキーを少しだけ入れて、熱いお湯を注ぎます。
これを飲んで体を温めてから眠ると、安眠に繋がります。

■ シソ種で快眠
洗ったシソの葉を半日ほど水切りをして、フキンで水気を取ります。それを、氷砂糖の入ったビンに入れ、氷砂糖を、お好みの甘さで入れます。
そのビンを三ヶ月ほど寝かせたらシソを取り出して出来上がりです。
シソには神経を沈める効果があるので、このお酒を寝る前に飲むと安眠効果があります。

■ ゆりの根で快眠
ユリの根60〜90グラムに、ハチミツをかけ、中まで熱か通るまで、蒸し器で蒸します。
これを眠る前に食べると快眠に繋がります。